エステで受ける脱毛のデメリット

脱毛完了までに長い時間が必要

エステ脱毛は若い女性を中心に人気を集めていますが、メリットばかりあるわけではありません。エステ脱毛のデメリットとしてはまず、脱毛効果が高くないため、脱毛完了までに長い年月を要することが多いということが挙げられます。エステサロンには医師が常駐していないため、医療機関で行われている医療用レーザーを使用した脱毛効果が高い施術を行うことが出来ません。そのため脱毛効果を実感するためには何回も施術を受け続ける必要があり、多くのエステサロンでは脱毛完了までに12回から18回ほど通うことを推奨しています。12回から18回ならば1年半ほどで完了すると思いがちですが、エステ脱毛の多くは2ヶ月に1回の施術です。そのため脱毛完了まで2年以上かかることが一般的ですので、短期間で脱毛したい人は注意が必要だと言えるでしょう。

肌トラブルにすぐに対処して貰うことが出来ない

エステ脱毛の施術はパワーの弱い光を照射するため、肌トラブルが起きる可能性が低いというイメージがあります。ですが肌の状態や肌質によっては、エステ脱毛でも肌トラブルが起きる可能性があります。万が一肌トラブルが起こった場合はすぐに医師の診察を受けたいところですが、エステサロンには医師が常駐していません。そのため、すぐに肌トラブルに対処して貰うことが出来ないというところもエステ脱毛のデメリットです。エステサロンの多くには提携している医療機関がありますが、肌トラブルが起きた際は提携医療機関に自ら出向く必要があります。手間暇や交通費もかかりますし、すぐに診察を受けることが出来なければ、肌トラブルが悪化してしまう可能性もあります。

脱毛の値段の相場は、光脱毛を使用するエステサロンと、医療レーザーで脱毛をする医療クリニックでは、2~3倍の料金の差があります。全身脱毛で、エステサロンが15万円、クリニックでは、40万円が平均的です。