医療脱毛におけるデメリット

施術後に医療レーザー脱毛は肌に赤みが出る

ムダ毛の処理のために、クリニックで医療脱毛を受ける女性は多いのではないでしょうか。医療脱毛は、毛髪に含まれるメラニン色素に反応するレーザーを照射することで毛髪を再生させる組織を破壊する施術のことです。脱毛効果はしっかり得られるのはもちろん、医療機関で受けられるので安心感があります。ただしレーザーは肌に大きな負担となるため、照射を受けた部位は施術後、赤みが出るというデメリットもあります。赤みが出るのは正常な反応なので心配する必要はありません。肌が極端に乾燥していると熱を感じやすく赤みが出やすいため、照射後はクリームや乳液などでしっかり保湿ケアをするといいでしょう。また、痛みを伴う場合は、クリニックに鎮痛剤を処方してもらうことをおすすめします。

産毛や白髪には効果がない

医療脱毛では、産毛や白髪には全く効果がないというデメリットもあります。一般的に脱毛のために使用されるレーザーは、毛の内部に含まれているメラニン色素に反応する性質があります。その結果、毛を再生する組織が破壊されてムダ毛の処理が可能になるのです。したがって、産毛のように細い毛、白髪のように色素がない毛には効果が出にくいのです。白髪がだめならば毛染め剤で黒く染めればいいのではと思う方もいることでしょう。しかし、市販の毛染め剤では毛の奥深くまでは染められないので、全く効果が得られないのです。したがって、もし白髪や産毛をきれいに脱毛したい時には、1本1本直接処理をすることができる針脱毛が一番有効ですよ。